フリーランスエンジニア面談ってどんな感じ?転職活動振り返ってみる。

この記事は約 9 分で読めます。

みなさんこんにちは!ヒロポンです!

実はわたくし4月からフリーランスになることが決定しました!!!!

そこそこの条件で楽しそうな案件で、週3稼働フルリモート!!!

空いた2日でブログなり他の仕事なりをすることができますね!!

ただ今回は初めてフリーランスの案件を探すということもあり、めちゃくちゃ不安でした。

案件がちゃんと決まるのか?決まるとしたらどんな条件なのか?

面談ってどんな感じなの??という感じ。

なので、今回は私のフリーランス転職活動を振り返り、これからフリーランスになる方に向けて、役に立てばという思いで書いていきたいと思います!

活動自体は2021年8月からやっていた。

そもそも私は2021年の10月より、活動自体はしていました。

エージェントさんと面談をして、どのような案件があるのか?

半年後にフリーランスになりたいと考えているが、今現在のスキルに加えどのような技術・経験が必要か?という事を相談していました。

このタイミングではさすがに案件がないため紹介までは至りませんが、エージェントさんはすごく親身に相談に乗ってくれるので、自分の中でいざ活動を始める!ってなったときにどんなことを経験すればいいのか?ということが明確になっていた気がします。

さらにこのタイミングでエージェントさんに相談するにあたり、自分の技術の棚卸をするので、何が得意で何が不得意なのか?ということも明確になります。

この時の経験があったから、その後の活動が有意義になったということも大きいかもしれません!

言語によって選択するエージェントさんが変わるらしい。

ネットでいろいろ情報を調べていて行きついた結論が、

本格的に活動を始めたのは2022年1月下旬から

で、私が本格的に面談などの活動を始めたのは、2022年1月下旬より。

このタイミングで、改めてエージェントさんと面談をして、条件面での確認や、どのような形で活動をしていくか?を話していました。

私が登録したエージェントさんは下記の通りです。

登録したエージェント

エージェントさんはフリーランスになった後も関係が続きます。

ですが、エージェントさんとの付き合いが多いと、それだけコミュニケーションコストもかかります。

なので、今回エージェントさんをいろいろ使ってみて、良かったエージェントさんをメインのエージェントさんとして使おうと思い、様々なエージェントさんに登録しました。

  • フォスターフリーランス
  • レバテックエンジニア
  • ミッドワークス
  • FREEDA
  • ハッピーエンジニア

案件について

上記5社に登録をして、紹介があった案件は数知れず。

結構紹介をしてくれたと思います。

同時に自分からも申し込みをしないと、あまり紹介をしてくれないエージェントさんも多かったイメージですね。

案件を探すときの条件

で、案件を探すときは、基本的に下記2点を重視していました。

  • 興味がある案件が良い。
  • 単金は月65万円(税抜)
  • リモート週3以上

稼働の1か月前から案件が出始める。

これは活動してから言われたのですが、大体4月稼働開始なら1か月前の3月頭から、案件が一気に出始めるようです。

一応2月からの案件も若干数あるようなのですが、私の場合2月は面談数4件に関して、3月は上旬だけで5件ほど面談をさせていただきました。

そのことから、大体1か月前に案件がいっぱい降ってくると思ってもよいかなーと思います。

どんな案件を受けた?

で、私が受けた案件は下記!

2月面談

  • 1社目:自社開発案件(C#)
  • 2社目:SES系案件(C#)
  • 3社目:SES系案件(C#)
  • 4社目:自社開発案件(C#)

2月は面談慣れをとにかく重視して、場数を踏むことを意識していました。

といいつつも、もちろん条件にマッチした案件に対して応募をしていましたが、、、

このタイミングでは面談でどんなことを聞かれるかわかりませんし、どのように回答すればいいのか?全くわかりませんでした。

なので、事前に若干予想はしていたものの、全てグダグダで4社目の会社様ではマジでグダグダ過ぎて、めっちゃへこみました。

ですが、今ではこの経験があったから、その後持ち直せたと思っています。

3月面談

  • 5社目:自社開発案件(React)
  • 6社目:自社開発案件(C#)
  • 7社目:SES系案件(C#)
  • 8社目:SES系案件(C#)
  • 9社目:自社解発案件(Reactnative)

3月の面談では2月の面談経験があったため結構戦えたと思っています。

また3月では初のグループ面談がありました。

他のエンジニアさんとアピールしあうような感じで。

この経験も今となっては良かったなーと思います。

何故なら、自分が今狙っている案件にどのような人が応募するのか?というのが明確になったから。

またそのような人と比べ自分の良い点に気付けます。

今回であれば、私のコミュニケーション能力はずば抜けていると感じましたが、スキル面はそこそこといった評価が当てはまると思います。

さいごに

今回はさらっとフリーランス転職活動を振り返ってみましたが、こうしてみてみると、結構とんとん拍子に進んだものだと思います。

重要なのはちゃんと目的意識を持つことと計画を立てて動いていくことかと思いました。

少なくとも自分がフリーランス転職活動を始めようと思っている半年前には、自分の技術の棚卸をすべきですし、自分の言語でどのような案件があるのかの調査をするべきです。

そのように準備をして、日々目的意識をもって仕事をしていれば、いざフリーランスになるというタイミングで、役に立つのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA