フリーランス歴1か月のエンジニアが「フリーランスで成功するためにやるべき54のこと」を読んで思ったこと

この記事は約 5 分で読めます。

みなさんこんにちは!ひろぽんです!

今回は読書感想文的なことを書こうかと思っております!

昨日下記の本を購入しました。(※アフィリンクではありません)

4月1日にフリーランスになってからもうすぐ1か月となります。

そこで、フリーランスの心得をこの本から得たいと思って購入をしました!

大きく分けて5部で構成されている

こちらの本は下記5部で分けて構成されています。

  • 面接術
  • 処世術
  • 営業術
  • 仕事術
  • 勉強術

それぞれ、面接術が15、営業術が9、仕事術が12、勉強術が10というボリューム感になっています。

ページ数が若干少ない印象

どんな層を読者として想定してるのか?

個人的にこの本を読んで思ったのが、この本はエージェント経由から自分で仕事を引き受けたいというフェーズにいる人に刺さるのでは?と思いました。

というのも私が新鮮味を感じた項目は営業編です。

他業種の人と会うべきとか、仕事はそこから受注するとか。言われてみれば当たり前だけど、やっている人少ないよね?って感じのことがつらつらと書かれています。

エージェント経由で現場に入っている人向けのことも多数書かれているのですが、そこから一歩踏み出した営業手法とかが結構ためになるなーと思いました。

割と「当たり前」のことが書かれている

一方で、面接術とか処世術とか仕事術・勉強術は割と当たり前のことが書かれています。

アウトプットはしっかりとしようとか。周りの人と仲良くしようとか。名刺を作ろうとか。

割と当たり前のことが書かれていて、確かにそうだよね。ってなるけども、全てできているか?というと微妙なところ。

自分の襟を正すには結構役に立ったと思う。

この本の初めに書かれている通り、全ての項目をマスター出来たらフリーランスとして十分生きていけるほどのスキルは手に入ると思う。

個人的には結構浅く広くの印象

ただ1点だけ気になったのが、この手の○○点の手法的な本は内容が薄い点。

この本も例外ではなく1つ1つの要素が薄かったなーという印象。

大体見開き1~3ページくらいで、文字は大きめ。

ただ浅いから悪いというわけではなく、サクッと読めるので読み終わった後、自分に足りていない点を再度認識→今後どのようにしていくか?の計画を立てられる。

広く深くならCAREER SKILLSがおすすめ

もし広く深く書かれている本が読みたいなら、下記がおすすめ。

別にフリーランスに限ったことが書かれているわけではないけども、何分本がめちゃくちゃ分厚いので、フリーランスに関することも書かれている。

そのほかのことも書かれている。アプリケーションエンジニアのこれからとか、webエンジニアのこれからとか。

興味のある人は買ってほしい。

こちらはページ数が結構あり、文字も細かいので広く深く書かれている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA