【ASP.NET&C#】でログイン中ユーザーの情報のみやり取りする方法

この記事は約 4 分で読めます。

みなさんこんにちは!

ひろぽんです!

最近はC#のWebフレームワークのASP.NETが楽しいなーと思って、日々様々な勉強をしています!

今回はそんな中から、ASP.NETでログインしているユーザーの情報のみやり取りする流れを書いていきたいと思います!

ただ一気に全部書くと長くなってしまいそうなので、今回は下記の構成に分けて記事を書いていこうと思います!

  • 概要【この記事】
  • スキャフォールドで作成したControllerのINDEXメソッド
  • スキャフォールドで作成したControllerのDetailsメソッド
  • スキャフォールドで作成したControllerのCreateメソッド

前提となるModelの構造

TodoMODELの構造

    public class Todo
    {
        public int Id { get; set; }
        public string Sammary { get; set; }
        public string Detail { get; set; }
        public DateTime Limit { get; set; }
        public bool Done { get; set; }

        public virtual User User { get; set; }
    }

TodoModelには、IDがあります。

また概要と詳細があり、期限と完了フラグがあります。

UserModelの構造

    public class User
    {
        public int id { get; set; }
        public string UserName { get; set; }
        public string Password { get; set; }
        public virtual ICollection<Todo> todoes { get; set; }
    }

こちらもシンプルにUserIDとNameとPassword。そして、Todoを複数持っているといった感じですね。

スキャフォールドしてみる

上記のUserModelとTodoModelをスキャフォールドすると下記のようなControllerが作られます。

TodoのController

    public class TodoesController : Controller
    {
        private AspStudyContext db = new AspStudyContext();

        // GET: Todoes
        public ActionResult Index()
        {
            return View(db.Todoes.ToList());
        }

        // GET: Todoes/Details/5
        public ActionResult Details(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return new HttpStatusCodeResult(HttpStatusCode.BadRequest);
            }
            Todo todo = db.Todoes.Find(id);
            if (todo == null)
            {
                return HttpNotFound();
            }
            return View(todo);
        }

        // GET: Todoes/Create
        public ActionResult Create()
        {
            return View();
        }

        // POST: Todoes/Create
        // 過多ポスティング攻撃を防止するには、バインド先とする特定のプロパティを有効にしてください。
        // 詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=317598 を参照してください。
        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public ActionResult Create([Bind(Include = "Id,Sammary,Detail,Limit,Done")] Todo todo)
        {
            if (ModelState.IsValid)
            {
                db.Todoes.Add(todo);
                db.SaveChanges();
                return RedirectToAction("Index");
            }

            return View(todo);
        }

        // GET: Todoes/Edit/5
        public ActionResult Edit(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return new HttpStatusCodeResult(HttpStatusCode.BadRequest);
            }
            Todo todo = db.Todoes.Find(id);
            if (todo == null)
            {
                return HttpNotFound();
            }
            return View(todo);
        }

        // POST: Todoes/Edit/5
        // 過多ポスティング攻撃を防止するには、バインド先とする特定のプロパティを有効にしてください。
        // 詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=317598 を参照してください。
        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public ActionResult Edit([Bind(Include = "Id,Sammary,Detail,Limit,Done")] Todo todo)
        {
            if (ModelState.IsValid)
            {
                db.Entry(todo).State = EntityState.Modified;
                db.SaveChanges();
                return RedirectToAction("Index");
            }
            return View(todo);
        }

        // GET: Todoes/Delete/5
        public ActionResult Delete(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return new HttpStatusCodeResult(HttpStatusCode.BadRequest);
            }
            Todo todo = db.Todoes.Find(id);
            if (todo == null)
            {
                return HttpNotFound();
            }
            return View(todo);
        }

        // POST: Todoes/Delete/5
        [HttpPost, ActionName("Delete")]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public ActionResult DeleteConfirmed(int id)
        {
            Todo todo = db.Todoes.Find(id);
            db.Todoes.Remove(todo);
            db.SaveChanges();
            return RedirectToAction("Index");
        }

        protected override void Dispose(bool disposing)
        {
            if (disposing)
            {
                db.Dispose();
            }
            base.Dispose(disposing);
        }
    }

今回はユーザーModelは使わないので、割愛します。

ではここからは、下記の内容に分けて記事を書いていきます!

  • INDEXメソッドでログイン中ユーザーに関連する情報のみ取得する
  • Detailsメソッドでログイン中ユーザーの情報以外見れないようにする
  • Createメソッドでログイン中ユーザーの情報を付与して登録する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA