30代未経験でエンジニアに!?私の転職キャリアをさらけ出す!

この記事は約 20 分で読めます。

みなさんこんにちは!ひろぽんです!

今回は!なんと!私ひろぽんの経歴を新卒からすべて洗いざらいさらしていきたいと思います。

なんでさらそうと思ったかって?

それは30代未経験でエンジニアを目指す人の励みになるかと思ったから!

私は20代の前半中盤まではIT業界に関わっていませんでした。

ですがそんな私でも、

一念発起すればIT業界に入ることができた!

30代未経験でエンジニアになりたい!という人がいたとすれば、そのキャリア気になる!って人も多いと思います!

そこで思ったわけです。

私の新卒から今までのキャリアを晒そうと。

私のキャリアの特徴は何といっても、

転職回数の多さ!

ではないでしょうか?

社会人歴8年間で7社も経験しています!

平均勤続年数は何と10か月!

そんな私のキャリアを見れば、「こいつでエンジニアになれたのなら、俺だってなれるだろ!」と思うと思います。

というか思ってほしい!

30代未経験からエンジニアを目指すための自信を持ってほしい!

そう思って、この記事を執筆しようと思った次第です!

もし私の経歴になんて興味がなくて、結論だけみたいんだ!って人が居れば、30代未経験からエンジニアになるひとに伝えたいこと!って箇所に飛んでくれてもかまいません!

では早速!

【1社目:2013年4月~】超絶体育会系の会社に嫌気がさし6か月で退職

さて私の記念すべき新卒1社目は、某大手中古車販売会社です!

大学で単位ぎりぎりだった私は、4回生で何と48単位を取得しました!

そうなると、就活よりも学業に力が行ってしまうのは想像に難くないでしょう。

就活の戦績は10社エントリー2社内定。

そんな状況ですから、会社を選ぶことができず。車が好きだからと中古車販売会社の総合職になりました。

そこがめちゃくちゃブラック。私は耐え切れず6か月でやめてしまいます。

【2社目:2013年10月~】念願の経理職!でもブラック企業だった。

6か月でやめた私は、高校時代に取得した日商簿記2級を生かしたい!と思い経理職に。

このときの私は経理職に憧れがありました。

社内で粛々と電卓をたたき、原価計算・給与計算・経費計上をし、会社のお金を預かる。

めっちゃかっこいい!そう思っていました。

ですが入った会社はなかなかのブラック企業!新卒切符をわずか6か月で捨てた私にまともな転職先なんて残されていないのか!?

【3社目:2014年7月~】派遣登録しデータ入力!Accessとマクロを触る!

2社連続でブラック企業に入ってしまった私は、派遣登録します。

派遣なら残業代はきっちり払われるし、時間管理は厳密!定時はきっちりと守ってくれる!そう思ったのです!

記念すべき派遣1社目は、ECサイトに登録する商品のデータを入力するデータ入力の仕事!

単純な仕事だから、面白みもなく飽き飽きとしてました。

そんな私は突如ひらめきます。エクセルマクロを使って業務を効率化しよう!っと!

【4社目:2014年12月~】派遣で経営陣に近い部署に!居酒屋でダブルワークも!?

3社目の会社の業績が傾き、なんと5か月で派遣切り。

派遣として働く上で仕方のないことです。

なので私は経理もマクロも関係のない別会社で経営企画部という部署に入ります。

またより多くのお金が欲しかったので、居酒屋でダブルワークを始めます!

【5社目:2015年5月~】AV業界で経理職に!内情とか語ります。

派遣はもういい!と思ったその矢先、経理職に復職したかった私は思いもよらぬ求人を目にします。

「AV業界!経理職!給与高め!オフィスキレイ!福利厚生充実!」

最高やん。

面接頑張ってなんとか就職!

果たして期待して入社した先は、天国なのか地獄なのか?

【6社目:2018年8月~】某通販会社でSQLを使ってデータ分析!SE職に目覚める!?

はたまた派遣登録。

とにかくIT業界に関わりたかった!コードを書きたかった!

その一心でなんとかデータ分析の仕事を派遣ですることに成功!

毎日SQLを書いて、夢にまでSQLが出てくる!

そんな生活もまんざらでもありません。

プログラミングが好きなので、常にSQLの事を考えています。

そんな私は思いました。SEになりたい!っと!

【7社目:2019年4月~】晴れてSEに!C#とVB.NETを使い倒してます!

晴れてSEに慣れた私はメイン言語をC#&VB.NETとし、頑張ります。

入社2か月は研修期間。

そこそこいい成績で研修を終えた私は、会社に戻り早速アプリ作りを開始。

順調にキャリアアップしていると思われたが、ある日、、、炎上案件にアサイン。

ひろぽんの運命は!?

30代未経験からエンジニアになるひとに伝えたいこと!

私は大学時代は落ちこぼれでした。

1回生は12単位、2回生は28単位、3回生は40単位、4回生は48単位です。

普通に考えて単位を取る順番逆です。就活もろくにできません。

職歴で行っても輝くものはありません。

新卒で入社した会社は6か月で退職しました。

また経理職になってもブラック企業だったため、9か月で退職。

派遣で3社経験するも、長くて8か月。

唯一続いたのは3年3か月の経理職でした。

確かに合間合間で

マクロ使ってみたり、Access使ってみたり

としました。

また独学でアプリつくったりしてましたが、システムエンジニアのそれには遠く及びません。

そんな私でもエンジニアになれました。

私が今までのキャリアを通じて思うことは下記の5点

  • エンジニアになりたいなら、まずは独学でやってみる!
  • 独学で学んだ内容を今の仕事で使ってみる!
  • 30代までのキャリア×エンジニアって実はめっちゃ強い!
  • エンジニア就職=エンジニアになる。ではないってこと
  • 何事にも遅すぎることなんてない!

まずは独学で勉強してみる

30代から未経験でエンジニアになりたい!という意思があるんだ!

というのなら、まずは

独学でプログラミングの勉強やってみましょう!

私はいきなりスクールに入ることを薦めません。

まずは独学で1か月やってみる。

というのも、エンジニアの適正を図ってからスクールに入っても遅くないからです。

というかエンジニアの適性を図らずにスクールに入っても、お金を捨てる羽目になるかもしれません。

それほどエンジニアって、好き嫌いが分かれます。

考えてみてください。

  • 1日中コード見続けられますか?
  • エラーが出た時に対処できますか?
  • エラー文は英語で出ますが、英語にアレルギーはありませんか?

プログラムは自分が思ったようには動きません。イライラします。

ほかにもエンジニアをやってく上で、いろんなハードルはあります。

ですがそれ以上に、

何かを作ることが楽しい。考えることが楽しい!

等と思うのなら、エンジニアに向いていると思います。

そうなってからスクールに入っても遅くはないと思います!

まずは、独学で1か月ほどやってみましょう!

独学の内容を今の仕事でも使ってみる

独学で学んだ内容を今の仕事に落とし込んでみましょう!

今の業務を効率化するシステムを開発してみましょう!

どのように構築しますか?どんな設計にしますか?

エンジニアの仕事はズバリそれです。

エンジニアの仕事を実際の仕事を通じ体験してみましょう!

大体はうまく動かないと思いますが、ちゃんと動けばめちゃくちゃ楽しいです。

そうですねーー。

おすすめの言語はエクセルVBA

 ですね。

ほとんどの会社ではエクセルを使っていると思います。ということはVBAがそく使える環境です。

VBAのメリットは何と言っても環境構築が不要なところ。

VBAはエクセルがあれば動きます。あなたはすぐに業務効率化システムを作ることができます。

VBAを使って2つ3つシステムを作ったら、

次はVB.NETをやってみましょう。

余裕があればC#をやってみてもいいかもしれません。

VB.NETは環境構築めっちゃ楽です。なのに、windowsのネイティブアプリが作れます。

VB.NETの環境構築は「VisualStudio」というアプリがあれば一瞬で終わります。

VisualStudioを使って、ボタンを押したら「HelloWorld」と出すプログラムを書いてみましょう。

動いたらめっちゃうれしくないですか?

次は業務効率化システムをVisualStudioを使って作ってみましょう。

VBAとVB.NETは文法がほぼ同じなので、簡単に書けると思います。(C#は書き方がガラッと変わります。)

そのようにして、様々な効率化に成功したら立派なあなたの作品(ポートフォリオ)ができたことになります。

次に自分が学んだ言語を使っている会社に履歴書を送りましょう!

あなたの作品(ポートフォリオ)をgitに上げて、履歴書にあなたのgitのURLを書くとより印象はいいかもしれません。

30代までのキャリアがエンジニア職に生きてくる!

あなたは30代未経験でエンジニアになれるのかなーと不安に思っていると思います。

つまり「30代からエンジニアになるのは遅い!」と思っているのではないでしょうか?

正直

私はそうは思いません。全く持ってそうは思いません。

むしろ30代からのエンジニアって希少価値高いと思います。

なぜなら20代ずっとエンジニアしてました!って人は他の業界知らないんですもん。

IT業界の事しか知らないと思います。

一方であなたは

今いる業界の知識が豊富な状態もしくは、IT業界以外の経験が豊富な状態でIT業界に入ることができます。

IT業界って様々な業界とめちゃくちゃ相性いいです。

最近だと農業×IT業界ってのもありますし、水産×IT業界もあります。

医療現場×IT業界もあると思います。

あなたが今経理職なら、経理×IT技術はいけます。

あなたが今営業職なら、営業×IT技術もいけます。

あなたが今総務部なら、総務×IT技術もいけます。

あなたの知っている業界・職種×IT業界の可能性は無限大です。

つまり30代までのキャリアがエンジニア職に生きてきます!そこを自分の売りにすべきです!

エンジニアに転職すること=エンジニアになる。ではない

ほとんどの人が勘違いしているのが、エンジニアに就職=エンジニアになれた!ということ。

これは間違っています。いや正確には、半分正解です。

だって

就職しなくてもエンジニアにはなれるから。

どういうことなのか?

自分でWEBサービス作ってリリースしたらもうエンジニアです。

自分でAndroidのアプリ作ってリリースしたらもうエンジニアです。

自分でiPhoneのアプリ作ってリリースしたらもうエンジニアです。

エンジニアに転職することだけが全てではありません。

あなたはエンジニアになって何がしたいのですか?

もう一度エンジニアのゴールを考えてみてください。そしてそこまでの道のりを全て出してみてください。

転職だけが道ではないはずです。

何事にも遅すぎることなんてない!

結論私は何事にも遅すぎるなんてないと思います。

だって、プログラミングって何歳からでもできますもん!

80歳のおばあちゃんがシステム作ってたりします。

80歳でエベレストに登った人もいます。

大学を96歳にして卒業した人もいます。

何かを始めるのに年齢なんて関係ありません。

もし今あなたが、あの時プログラミング始めていれば、とかあの時エンジニアになっていればと思うのなら、これから一生そう思い続けます。

20歳の時にプログラミング始めていれば、と30歳のあなたは思います。

30歳の時にプログラミング始めていれば、と40歳のあなたは思います。

40歳の時にプログラミング始めていれば、と50歳のあなたは思います。

今が人生で一番若いのです。

まさにいつやるの!今でしょ!

まとめ

私は幸運にも20代後半でエンジニアになることができました。

別に20代のキャリアが優れているとは思いませんし、むしろ普通より落ちこぼれていると思います。

ですが、私は20代後半でエンジニアになれました。

そこには、上記のような考えがあったからかなーーと、今振り返ってみて思います。

これから日本のIT業界は人不足になるといわれています。

また日本は世界に比べIT後進国といわれています。

私はそんな日本のIT業界には今の30代の力が必要だと思っています。

30代でエンジニアになる人が増えれば、いろいろな部分でIT化が進行すると思います。

なので、私はこの記事を書きました。

30代未経験でエンジニアなりたい!って人!頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA