スマホ2台持ちにAppleWatchを追加したら完全な使い分けに成功した

この記事は約 8 分で読めます。

みなさんこんにちは!!ひろぽんです!

いやーー先日iPhone seとApple Watchを購入しましてね。

まさに衝動買いなわけですよ。

でもいい感じに連携ができているのでめちゃくちゃ満足はしています。

ラインとかSlackの通知がAppleWatchからくるし、ヘルスケアアプリもいい感じに連携できています!

普通ならこのタイミングで古いスマホはメルカリとかで売る人多いのではないでしょうか?

まあそれで売れればいいのですが、私の場合売れなかった!

だから思ったんです!2台持ちにしようと!

ことの発端はメルカリで古いスマホが売れなかった

私の所持している古いAndroidの機種はHuawei P20という機種なのです。

1年くらい裸で使っていたため、細かい箇所に傷があったりするのです。

ですが、わんちゃんメルカリ15000円くらいでいけんじゃね??

ってことで、15000円スタート。

・・・1日後。反応なし。

12900円に値下げ。。

・・・1日後。反応なし。

11000円に値下げ。。

・・・1日後。もうええわ!!!!!

もう売らん!決めた!こんな低い金額になるなら、売らん!

でももったいない。。2台持ちしちゃおう!

目的はわからんけど、とりあえず2台もっちゃおう!と思って、持ち始めたのがきっかけですね!

AndroidとiPhoneの使い分けを始めた

そんなことからAndroidとiPhoneの2台持ちを始めたのですが、正確にはAppleWatchもあります。

主に使い始めて思った用途はこんな感じ。

  • iPhone(メイン機種)
    • Suicaとかの電子決済
    • SNSとかメールとかの通知とかを見る
    • 電話する
    • 音楽聞く
  • Android(サブ機種)
    • ブラウジング
    • Kindle読む

iPhoneの主な用途

私が持っているiPhoneはse2で画面が小さいのですが、軽い印象があります。

また手のおさまりも良く、ストレスなく使えます。

Suicaとかの電子決済

iPhoneはSuica機能をはじめとしたFelica機能があります。

このほかにもID決済などFelicaを使った決済にも対応しています。

なので電車乗るときとかコンビニで何か買うときはiPhoneですね!

SNSとかメールとかの通知とかを見る

で、AppleWatchと連携しているためLineやメール、Slack、LineWorksといった連絡ツールの通知は全てAppleWatchにきます。

そのため、AppleWatchで通知を受けて、iPhoneで返すって使い方もしてたりします。

ヘルスケアの情報を見たりする。

AppleWatchとiPhoneを連携させるとヘルスケアでの情報が増えます。

心拍数とか寝てる時間とかいろいろ!

なのでその情報をiPhoneで見ます。

この影響で結構睡眠時間とかヘルスケアに気を使うようにしました。

電話する

残念ながらAppleWatchに電話の通知はきません。

ですがメイン機ということで電話はすべてiPhoneで受けるようにしています。

音楽聞く

メイン機なので音楽もこっちで聞きます。

正直この音楽聞くのはどっちでもいいような気もするのですが、iPhoneで音楽を聴くとAppleWatchで操作できるのが大きい気もします。

Androidの主な用途

一方のAndroidはHuaweiP20なので、画面がiPhoneに比べて大きいのです!

iPhone seは画面サイズ4.7インチに対しHuaweiP20は5.8インチあります。

またHuaweiP20はカメラの性能が良いのでその点でもiPhoneと差別化できます!

ブラウジング

やはり大きい画面でwebサイトを見たほうが情報を一気に吸収できる!ということで、ブラウジングはAndroidで行っています!

iPhoneは上と下に黒い部分があり全面に表示できないのですが、Androidでは難なく表示できます。

この差が結構大きいのです。

Kindle読む

で画面が大きいのでiPhoneでKindleを読むよりもAndroidでKindle読んだ方が情報量が違います。

結構読みやすいのです。

カメラで写真を撮る

でHuaweiP20はカメラがめっちゃ綺麗!

って事で、カメラはHuaweiのカメラを使います。

iPhoneとAndroidの画像共有はgoogle フォトを使えば結構楽にできます。

この使い方は結構いいなーと思います。

画面にウィジェットと配置してスケジュール管理

Androidは画面のカスタマイズができます。

iPhoneも最近ではできるようですが、Androidにはまだまだ及ばない気がします。

私はこの差を利用して、iPhoneにはなるべくウィジェットは置かないようにして、Androidでウィジェット経由で情報を見ます。

言ってみればiPhoneで情報をインプットしてAndroidでその情報を見るといった感じでしょうか。

AppleWatchがあることでiPhoneとAndroidの差別化が図れる

これは当たり前なのですが、AppleWatchとiPhoneを連携させれば、AppleWatchとiPhoneが一つのガジェット的な感じになってAndroidと完全に差別化できます。

iPhoneの通知をAppleWatchで表示するってのも一つですし、ヘルスケアの連携も一つですからね!

この連携のおかげでAndroidと完全に使い分けれている気がします!

まとめ

ってことで、iPhoneとAndroidを2台持ちして思ったメリットとデメリットです!

2台持ちで感じたメリット

iPhoneとAndroid2台持ちで感じたメリットは下記です。

  • docomoのSimはiPhone、auのSimはAndroidなのでdocomoで電波悪いときにau使うとかその逆とかできる。
  • iPhoneのGPSを常にON(AppleWatchの為)にしてても、Androidと分けているので、そこまで電池の減りが少なくなった。
  • Androidでいい感じに写真が取れて、googleフォトを使えば簡単に共有できるので、iPhone seでもいいカメラを使えている感じになる。

2台持ちで感じたデメリット

  • 単純に荷物が増える
  • Sim代が2台分かかる。
  • 両方充電するので結構面倒。

AndroidとiPhoneである程度機能を切り分けられるのならありな選択

今回私のAndroidとiPhoneは機能面で違う点が多かったため、2台持ちしてそこそこ効果があるように思います。

またAppleWatchとiPhoneを連携しているので、その点でもAndroidと使うシチュエーションを差別化できている部分もあります。

このようにある程度機能を分けられるなら、2台持ちはありではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA